八甲田山』を見たんですけど僕は木村大作があまり得意ではなかったけどこの撮影はすごいな~と思いました あそこロケで撮るのかよ的な意味合いでなく画面も結構いい 雪崩のシーンとかどうやって撮ったんだろうと思うくらい いくら超望遠縦構図とはいえ同一フレーム内に高倉健と雪崩を収めるのは結構頭おかしいのじゃないかな~と思った 望遠の絵面は結構参考になるかもしれないあと自然物の感じとか けど夜叉とか見ても全然ピンとこないんだよね~なんでだろう

編集もカッコよくて、スパッ、スパッ、と尻を切っていくんだよね あれがかっこいいし、あ、こんくらいでいいのか~と参考になる 師団長? が書類に判を押すカットとかすごい好きなんだよね

先週岡本喜八の沖縄決戦も見たんだけどあれもスパッスパッと切っていて(『八甲田山』よりもっとずっと潔い)、これはなんでですかって聞いたら当時の東映っぽい編集(黒澤からの流れ)がこんな感じらしいと聞いたので、ちょっとそのあたりを掘ろうと思いました

この時代の邦画はほとんど見ていない上にその中でも東宝作品は(たまたまなんですけど)見ていなかったのでその辺を掘ってみようかな~と思った

高倉健かっこいい 顔が見えない映画(軍帽をかぶっている上にめっちゃ吹雪いてるし顔に照明があたらん) 顔が見えないとキャラ全然覚えられないんだなあとは思った あとあんまり説明がないんだよね ?ってなるところが結構あった それはキャラがわからないからシーンがわからなくて、というのもあったけれど脚本上でも分かりにくかったはず 脚本が悪いという話ではなく分かりにくいというだけの話です

あと高倉健はやっぱりすごい 顔力が強いというかガンと強い顔がずっと動かないので、あれがすごい しいて言えばイーストウッドとかと近いタイプなのか あのひともずっと同じ顔だもんね基本的に