『ラスト・ボーイスカウト』

監督 トニー・スコット

面白かったです。

冒頭の数分を観ればこの映画をいかに楽しむべきが明白になっており、脚本の素晴らしさももちろんあるのだろうが、それを十二分に生かすトニー・スコットの手腕こそ評価すべきである。

そのほかの作品を振り返って見ても、やはりトニー・スコットのスタートのドラマの捌き方というのは類型化されてる部分もみられるが何度観ても唸ってしまう上手さで、本作においてもフットボールの華やかさとそこに忍び寄る一抹の不安、ブルース・ウィリス演じる主人公がいかにだらしの無い男か、相棒役のジミーがどこで人生をつまづいてしまったか……を達人級の上手さで見せている。

はっきり言ってトニー・スコットはドラマを描くのが上手い監督ではない(というかあまり描く気がないのだろう)が、その分軽さというか、付き合いやすさというのがある。魂を揺さぶられるような映画体験は本当にとても素晴らしいモノであるが、親しみやすいエンターテイメントに徹した作品を見ることだって素晴らしい映画体験には違いない。

脚本のシェーン・ブラックは『アイアンマン3』もやってくれるみたいなので、期待してます。