『イノセンス』

監督 押井守

7年前くらいに見たときは全然意味わかってなかったです。

ちょっと演出がローテンションすぎるけど、実にガッツリと作りこんだ画面、派手派手にしないアクションシーン、最後ちょっとだけ仲良くなるというバディ・ムービーらしさと、堅実な作りで大満足。

引用だらけでよくわからない脚本はご愛嬌。しかしハダリが襲ってくる理由が分からないなーと思いました。

検索しても無理筋だろそれは! と思ったんですけど、攻殻ファンはあの描写で分かったんでしょうか。

とても素晴らしい作品なのですが、しかし日本の超一流どころをいっぱい集めないとこれが出来ないというのが悲しくもありますね。リアリティを「(ハリウッド寄りな)実写っぽさ」に求めてアニメ作りをするというのはとても大変ですね。

あと俺の環境のせいなのかもしれないけれど、発砲音などのアクション時のSEが小さめなのが残念。わざとなんでしょうけど。アクションはもっと派手にしてほしかったな。