読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ブルースチール』

監督 キャスリン・ビグロー
撮影 アミール・モクリ
編集 リー・パーシー

新作『ゼロ・ダーク・サーティ』公開中のキャスリン・ビグロー。『ハート・ブルー』は大好きな作品ゆえ、その他の作品もチェックしてから劇場に乗り込もうと思い本作もレンタル。 

画面はクールでコンセプトが伝わりやすいライティング。てか最近つと思うけど、ハリウッドっての撮影監督って概ねすごいよね。

とはいえ本作が面白いかといえば、うーむ。「まあ、そうなるよね」と思う展開が続くのでダレてしまったのかな。どこが悪いってのはハッキリ無いんだけど。ビグローの演出はわかりやすいくらいにわかりやすくて上手いなあと思うんだけど。

銃撃戦も38口径で44口径に挑むってのがアツイんだろうけど、ビジュアルでその差が示しにくいから、ツウ向けみたいな感じになっちゃうよな。俺はイマイチ楽しめなかった。一対一の拳銃同士の撃ち合いって、趣向を凝らさないとすごい単調になってしまう気がする。木陰から滑り込んで射撃、とか車の陰に滑りこむ、ってシーンはすごい好きだけど。